2007年10月23日

Time.nowが遅いとかいう「Rails勉強会@東京 第23回」の話を五分だけ見てみた。

ruby -rdate -e '1.upto(10000) { |i| p Date.today.year } '


ruby -e '1.upto(10000) { |i| p Time.now.year } '

を比較してみた@Ruby 1.8.5@Pentium D 3.40GHz (2MB cache) on RHEL4。

$ time ruby -rdate -e '1.upto(10000) { |i| p Date.today.year } '

real    0m1.563s
user 0m1.496s
sys 0m0.067s

$ time ruby -e '1.upto(10000) { |i| p Time.now.year } '


real    0m0.099s
user 0m0.044s
sys 0m0.041s

と、まー
Time.now
のほうが早いという結果になった。

結論:
Date.today
のほうが20倍近く遅いってことでいいの?
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62074286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。