2007年06月22日

mongrelをデーモンモードで起動

基本的には、
$ ruby script/server -d

でいいでしょう。
起動するポート番号指定が必要ならば、
$ ruby script/server -d -p 3002

とする。

起動しているか確認は、例えば、
/sbin/fuser -n tcp 3001
/sbin/fuser -n tcp 3002

で。

終了は、
/sbin/fuser -TERM -kn tcp 3001

で、再起動なら、
/sbin/fuser -USR2 -kn tcp 3001

がいいかもしれない。


** Signals ready. TERM => stop. USR2 => restart. INT => stop (no restart).
** Rails signals registered. HUP => reload (without restart). It might not work well.


crontabに10分おきで
/sbin/fuser -HUP -kn tcp 3001

とか書いておくと、共同開発にはいいかもしれない。
試したことないけども。
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45582528

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。