2007年12月06日

Rmagickで余白をつけたサムネイルの作成方法 part 2

Rmagickで余白をつけたサムネイルの作成方法 (2007-11-25) の続編。
      source_image.change_geometry!("#{x}x#{y}>") { |cols, rows, img|
cols, rows = [cols, rows].map { |i| (i / 2).round * 2 }
img.resize_to_fit(cols, rows).border!((x - cols) / 2, (y - rows) / 2, 'white')
}.write(dest_image)

としてみた。あらかじめ、
cols, rows = [cols, rows].map { |i| (i / 2).round * 2 }

で、偶数にしておいた値を使って、
resize_to_fit(cols, rows)

することで、偶数ピクセルx偶数ピクセルの画像を生成して、
.border!((x - cols) / 2, (y - rows) / 2, 'white')

してるんだけど、これでは、
(x - cols)
(y - rows)
を偶数にするのが正しいなぁー。

今のままでは、
x, y
がともに偶数でなくてはうまく動かないな。
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。