2007年08月28日

キーボード。

開発者のこだわり:キーボードがmixi alpha blog (ホントはなんてゆーのか知らないけど。笑。mixi Engineers’ Blogかな?) に出ていた。

新卒で入った会社ではキーボードを半年に一回壊していた

と筆者は言っている。つわものだー。
「キーボードなんて消耗品だよ」と思っていたのですが、それは大間違いでした。

んー、消耗品だけど、そんなに壊れないぞー、普通。

私は1,000円のキーボードやDellのPCに付属のものを普通に使っていますが、別に壊れません。HHKは確かにいいのは知っていますが、別にこだわりないです。人それぞれなので、HHKじゃなきゃイヤという人をどうこうという意味ではなくてね。

IBMのトラックポイント付き
のキーボードは使ってみたいかもしれない。確かに、慣れてくると便利だけど。ThinkPadを嫌っていたその昔、このキーボード見て、え?とか思ったけど、(ThinkPad使用歴のある)今はそうではないかもしれない。

というワケで私が一番よく使うキーボード(my keyboards, not my keyboard)は3,000円くらいかな。keyboardsと書いたけど、最近じゃもう片手で数えられるほどしか使っていない。

※一個で後はディスプレイ/キーボード切替機を使ったりリモートログインして解決する問題ではないので、私の場合 :)
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

Subversion on FreeBSD-6.1R with portinstall

$ pkg_info |grep -e neon -e swig -e apache
apache-2.2.4_2 Version 2.2 of Apache web server with prefork MPM.
neon-0.26.4 An HTTP and WebDAV client library for Unix systems
swig-1.3.31_1 Simplified Wrapper and Interface Generator

という環境で、
sudo portinstall -cCr devel/apr-svn devel/subversion


をして終わり。

やっぱり楽だ。
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バージョン管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

ActiveRecordでJOIN句を用いたカスケードなモデル

ActiveRecordは優秀なので、
@people = Person.find :all, :include => [ :company ]

と書くと、viewで、
<%= person.company.name %>

とすると、personに対応するcompaniesテーブルのnameカラムが取れる。

これは


Class Person < AR:B
belongs_to :company
end


としているからなのだけど、このとき、
:conditions
というのが指定できる。


Class Person < AR:B
belongs_to :company, :conditions => "current = 1"
end


としておけば、currentカラムが1のもの(現職の会社)だけ取り出すことができる。
この条件を動的に、実行時に代入したいのだけども、分からなくて困っている。


Class Person < AR:B
belongs_to :company, :conditions => "retire_date > DATESUB(CURDATE(), '1 YEAR')"
end


とすれば、一年以内に辞めた会社を複数取り出すことができる。
だが、上司の名前 john であった会社を取り出したいとき、


Class Person < AR:B
belongs_to :company, :conditions => "boss_name = 'john'"
end


と書くことができないのだ。いや、この通りならいいのだけど、maryだたり、bobだったり、選びたいのだ。

分かんなくて、はまりすぎ。
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

MySQL 5.1でのトリガー

更新系が少ないRailsアプリケーションで一日一回のバッチ処理で統計などを取ることもあるだろうが、MySQL 5.1でトリガーを使ってみたい。MySQLにトリガーが導入されたのは、ビューと同じバージョン5.0である。
MySQL 6.0 (Falcon)がもうすぐそこに見えてきた今、トリガーやビューを日常的に自由自在に扱える技術レベルに上げておきたいと思っていたものの、私自身はいまだに検討することさえ回避しがちである。

とりあえず、ここらへんを読んでおいたほうがいいんだろなぁー。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/triggers.html
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/triggers.html
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/faqs-triggers.html
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

Rails近況を眺める

Drecom Award on Rails 2007参加者のブログの状況を見ていると、参加者が増えてきている感じを受ける。
が、しかし、登録されたエントリのほとんどがRailsと関係なかったりするので、ちょっとなーと思ったりする。

Chis4403氏がRailsでできたプロジェクト管理ツール「redMine」の連載を始めたと、同氏が各所で(笑)宣伝しておられてるようです。
RubyとかRailsとかで開発しているソフトウェア会社、情報サービス系会社のプロジェクトによい管理ツールが導入されるのを祈るばかりです。いつまでもExcel, PowerPointに頼ってるよーでは日本の将来は半導体やメーカーと同様の結果しか期待できなくなってしまうと思います。
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

railroadでプロジェクトの全体像を掴もう!

あるRailsプロジェクトのmodelをrailroadに食べさせてみました。
$ railroad -M -o model.dot
すると、27kBほどのdotファイル(model.dot)が生まれてきました。
model.dotを開いてみると248行でした。
そのうち、ノードが112、エッジが133でした。ちょっとデータ不整合もあるんだけど、だいたい主要な部分のリレーションは網羅している気分になっている。実際はまだこれを使ってみないと分かりませんが。

さらにこのmodel.dotをneatoで処理して、PNGを出力したら、9984x9180pixelsというサイズになっちゃいました。ファイルサイズとしては841kBでした。

ちなみに、controller.dotは6kBで、そのPNG出力は97kBでした。
$ railroad -C -o controller.dot

みなさんのmodel.dotはどれくらいでしょうか?知りたいです。
このプロジェクトは小さくはないと思います。


RailRoad - リバースエンジニアリング
Railroad公式サイト(英語)
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

Rubyのmaintainer。

RubyKaigi2007とは全く無縁だったので、今さらながらRubyの様子を見てみると、1.8系のmaintainerは卜部 昌平 (URABE Shyouhei)さんという方らしい。知らなかった。2002年くらいまではruby-listとかは読んでいたのに。
新しい方なのだろうか?RubyKaigi2006でも講演記録を見ても、ruby-talkの書き込みは1.8.5のリリースアナウンスだったとか書いてあるし。。。

というワケで、なんだかやっぱりRuby 1.8には着いていけません。1.6が限度。私の頭の中はRubyといえば、1.4だった気がします。なので、私自身もRubyの旧人類ではないと思うのだけど。

Railsでちょっと変わっちゃったんだろうな、と思います。いい意味で。


なかなかARでうまく構造化されないmodelたちの例があったので、まとめてみようと思う。
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。