2007年06月22日

mongrelをデーモンモードで起動

基本的には、
$ ruby script/server -d

でいいでしょう。
起動するポート番号指定が必要ならば、
$ ruby script/server -d -p 3002

とする。

起動しているか確認は、例えば、
/sbin/fuser -n tcp 3001
/sbin/fuser -n tcp 3002

で。

終了は、
/sbin/fuser -TERM -kn tcp 3001

で、再起動なら、
/sbin/fuser -USR2 -kn tcp 3001

がいいかもしれない。

mongrelに関するシグナル (signals) 詳細
ラベル:mongrel デーモン
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Meadowで rails.el を使う...

やっぱ、vimは使いこなせないので、Emacs系を使う。

Meadow最新版をNetInstallで入れる
http://rubyforge.org/projects/emacs-rails/ からEmacs-rails最新版をダウンロード
Meadowホームにrailsにリネームして、~/.emacs.d/ に入れる
Ruby最新版をダウンロードして、 miscディレクトリのinf-ruby.el, ruby-mode.el, ruby-electric.elをMeadowのsite-lispにコピー
psvn.el, snippet.elsnippet.elをsite-lispにダウンロード
~/.emacs に下記を書く
(setq load-path (cons "~/.emacs.d/rails" load-path))
(require 'rails)

;;;; where the manual is?
;(setq rails-chm-file "full_path_to_rails_chm_manual")

(require 'psvn)
(add-hook 'dired-mode-hook
'(lambda ()
(require 'dired-x)
;;(define-key dired-mode-map "V" 'cvs-examine)
(define-key dired-mode-map "V" 'svn-status)
(turn-on-font-lock)
))
(setq svn-status-hide-unmodified t)
(setq process-coding-system-alist
(cons '("svn" . utf-8) process-coding-system-alist))
posted by N.T.T with Rails 3.2 (ex. 2.1) at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。